【炎上】NHK集金人の勧誘マニュアルが流出

JP张悦 | 2019-03-13

何度もしつこくやってくるNHK集金人は実はNHKの社員ではなく下請け会社の社員。成功報酬を目当てにあの手この手で受信料を徴収しようとする。 NHK集金人のメモ帳が店に落ちていた。                      

3月10日、一人の男性がNHK集金人のメモ帳を拾ったとして写真をアップした。誰かのメモ帳を勝手にネット上にアップするというのは倫理的に許されないことかもしれないが、今回ばかりはNHKサイドが批判されている。

なぜならば、それは無理に勧誘するための誘導スクリプト(台本)だったからだ。

出典:https://twitter.com/nakasho_gda/status/1104615126475268097

おそらく新人だろう。汚い字で勧誘のノウハウについてメモされており、会話の中でなんとか契約に繋げようとしている。断る側としては何と言ってもすぐに言い返され、困惑してしまうはずだ。

ただ唯一、集金人がコメントできなくなるのは裁判について。法的なことは迂闊に言えないので、ここは集金人の判断には任せられないということなのだろう。

この2枚の画像はNHKの闇としてネット上で拡散されている。ユーザーがお金を払いたいサービスを選ぶこのネット時代、家を訪問して半強制的にお金を徴収する仕組みは時代遅れだ。NHKは自社のコンテンツに自信があるなら、さっさと集金人制度を廃止して有料会員制のサイトを作ればいい。

以前流出した勧誘スクリプト。

参考:

同じように流出した騒動としてアムウェイの騒動があった。コピー機に置き忘れられた紙には何を言われても即座に対応し、勧誘アポに繋げる完璧なマニュアルが書かれている。

勧誘する側もセールストークを磨いているプロということだ。断る側も知的武装して騙されないようにしたいものだ。